So-net無料ブログ作成

ASKAと飯島愛、元大物アスリートを繋ぐ【謎のドライバーX氏】

“シャブSEX”ビデオで露見したASKAと故飯島愛の関係。

さらにショッキングな新事実が29日、東スポで報道された。

ASKAのドライバーを務めていたX氏が、

薬物疑惑渦中の元大物アスリートのドライバーであることに加え、

2008年12月に他界した飯島愛さんの付き人を務めていたことが判明したのだ!

また、当時、飯島さんは、経理担当者に1億円ちかくの金を横領され、

飯島さんのブログでその怒りを公表した。そしてその持ち逃げした人がX氏ともいわれている。

しかし、飯島さんは警察に届け出することもなかった。

なにか弱みを握られているのではと当時、関係者の間で囁かれていたそう。

また、横領の手口もプロを感じさせる、大胆なやり方だったという。

X氏が飯島の事務所に在籍したのは、2年弱。

その後、X氏はASKAや元大物アスリートのドライバーを務めている。

X氏でつながるこの3人。今後この接点はどのようにつながっていくのか。



ASKA過去の不倫浮上!?故飯島愛が撮影したビデオ

ASKAが薬物に溺れていった理由ということで、

本日(5月29日)発売の「週刊文春」で、

2008年当時と不倫関係にあったタレント飯島愛さんの死去にあると報じられています。

同誌によると、飯島さんが亡くなる数カ月前に、ふたりがMDMA(合成麻薬)を使用して

性的行為に及んでいる一部始終を飯島さんがビデオで撮影していたそう。

その後、変死状態の飯島さんが自宅で発見。ASKAはビデオの映像が流出することを

過度に怯えたことがきっかけで、覚せい剤依存になっていったのではないかと、同誌は報じています。

ところで、思わぬところで浮上した飯島愛さんの変死。直接の死因はエイズともいわれていました。

それではASKAが怯えていたのは、ビデオだけではなさそうですが....。




長澤まさみの悲しきかな【レッドカーペット】@カンヌ

衝撃的なヌードもあると話題になっている長澤まさみ。金城武と長澤まさみの

映画「THE CROSSING(太平輪)」を、25日に開幕した第67回カンヌ国際映画祭でPR

のため、カンヌ映画祭に参加した。

このカンヌで長澤はふんだり蹴ったりの扱いだった。

レッドカーペットでは長澤が登場したすぐ後ろをフランスの人気女優

オドレイ・トトゥが歩いたところ報道陣は一斉にそっちに行ってしまい、

長澤を撮るカメラマンは一瞬にしていなくなってしまったのだ

17日には「THE CROSSING」の製作発表会見が行われた。

長澤は金城武の相手役だから金城の隣に座るのが普通なのに、

端っこに座らされていた。

映画自体も、ばく大な製作費がかかったことに加え、

海難事故を題材にしているため先月発生した韓国旅客船の沈没事故が影響し、

日本での配給会社がまだ決まっていないという事態に。

長澤の心中やいかに?





〔Win版〕 真・三國無双 7 with 猛将伝 在庫あり


ウインドウズ版【真・三國無双 7 with 猛将伝 】

ダウンロードコンテンツも多数収録
『真・三國無双 7』および『真・三國無双 7 猛将伝』に向けて無料で配信されたダウンロードコンテンツを
収録しています。

送料無料のお店でした!



ASKAは自供。栩内容疑者は依然否定!

ASKAは22日になり覚醒剤の所持と使用を認める自供を始めていた。

毛髪鑑定で“クロ”となり、とうとう観念。

関係者によれば所属レーベルから契約を切られたと聞き、観念したとか。

週明けにも使用の容疑で再逮捕される。

一方、共犯の栩内香澄美容疑者(37)は依然、容疑を否認。

「ASKAよりよっぽど腹が据わってる」とは捜査関係者だ。

警察はスマホを含む携帯電話2台とパソコンを押収済み。

通信・通話記録などを解析し、覚醒剤や大量の合成麻薬MDMA、

通常では買えない薬物検査キットなどの入手経路の特定を急いでいる。


そして驚く情報として、今年の夏、更に大物有名人が捕まる可能性もあるといわれているそうだ。



この人は【ASKA会】という友達グループのメンバーですよ。




ASKAと栩内容疑者が堕ちた地獄の快楽、シャブSEXとは!

夕刊フジで覚醒剤が入り込んだとき、体内では何が起きているのか、ということについて次のように書いている。

薬物依存に詳しい精神科医でヒガノクリニック院長の日向野春総氏は

「覚醒剤の主成分『アンフェタミン』によってドーパミンが脳内に大量に放出される。

感度が高まるのは、快感中枢をつかさどる視床が刺激されるためだ」と指摘し、こう続ける。


 「女性は快感の波がとめどなく押し寄せるような状態になるが、

男性は性的快感よりも攻撃性が増幅される。嗜虐(しぎゃく)傾向が強くなり、

性行為中に暴力をふるったりするようになる。

繰り返し使用すると耐性ができ、同じ快感を味わうために使用量が増えてくる。

そうすると依存から抜け出せなくなり、廃人への道をまっしぐらだ」


快楽が最後には恐怖へと変わるんですね。





今晩!宇多田ヒカルの結婚式!盛り上がるイタリア・ポリニャーノ!


宇多田ヒカル(31)が23日(日本時間23日夜)、8歳年下の
イタリア人バーテンダー、Fさんとイタリア南部の海沿いのリゾート地、
ポリニャーノ・ア・マーレで挙式する。
挙式を翌日に控えた22日、
現地は、「日本のPOPSTARと南イタリアのごく普通の青年」
という“現代のおとぎ話”のような結婚に祝福ムードが高まっている。(デイリースポーツ)


さすが、地味婚といわれながらも、世界的に有名なだけある。

披露宴にはビヨンセも招待されているらしいですよ!





出る出る!続々と報道されるASKAの覚せい剤所持の証拠

毎日、ニュースでアップデートされるASKA覚せい剤所持の報道。

ASKA容疑者の自宅から覚醒剤を使用するための

ガラス製のパイプが複数見つかる。

栩内容疑者の自宅のゴミ箱からは精液と覚せい剤の反応が検出。

以前、容疑を否認のASKAですが、クスリとSEXに溺れていたという事実でしょうか。



.

利尻島の生うに!父の日のプレゼントに喜ばれた。

昨年も父の日に送った北海道 利尻産の生うに。

ウニ丼でいただきました。


今年も人気のようです。



さらに覚せい剤疑惑!ASKA愛人?!栩内香澄美容疑者の交友関係

ASKA」こと宮崎重明容疑者(56)とともに17日、覚醒剤所持で警視庁に
逮捕された栩内香澄美容疑者(37)。南青山の自宅マンションで、
ASKAと覚醒剤にふけっていた栩内は昼間は「ノーメークにヨレヨレのTシャツ。
目も合わせない」(マンション住人)らしいが、夜の顔は相当奔放だったようだ。

栩内が、たびたび訪れていたという飲食店の常連客がこう明かす。
「有名ドラマーなど業界関係者らと一緒でした。何度か遭遇しましたね。
深夜までドンチャン騒ぎして、彼女は酔っているというより、
ハイテンションで目立っていました。
見た目もかなり派手だし、あからさまに男性を誘うようなそぶりで、
商売している人かなと思っていましたよ」
(日刊ゲンダイより)

交友関係にいたといわれるこの人。

野村義男/エレクトリック・ジプシー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。